One day at a time

毎日を、着実に。

「武士道」新渡戸稲造

 

 恥ずかしながら、新渡戸稲造と言えば少し前の5,000円札に描かれていた人物というイメージしかない。武士道というタイトルは聞いたことはあったが、正直、新渡戸稲造とリンクしているという実感を持ったこともない。細々と続けている英語の学習や海外駐在経験から、どうしても今まで当たり前に感じていた日本人としての前提というか価値観はどこからやってくるのだろうかと疑問に思うことが多い。
 そんな疑問は海外赴任当初からあったものの、忙しさにかまけて自分の中で整理しないでここまで来てしまった。最近、AmazonでE-bookをブラウジングしていたところ、ふと目に飛び込んできたのがこの本、「武士道」。前述した思いも感じていたので買って読んでみることにした。読んでみると、いやーこれまた面白かった。当初この本は英語で出版されていることから日本語に訳された文章は若干頭に入ってきづらい部分もあったが、日本人として育ってきて当たり前に感じていた価値観は、もとをたどるとこの「武士道」に行き着くのではないかと感じるほどだった。
 簡単に説明すると、「武士道」の精神では儒教の影響を大きく受けているが、特に仁・義・礼・智・信・忠・孝・悌の8つの徳を大事にすることが重要とされている。8つの徳を本書の言葉を借りて簡単に説明すると、仁とは思いやり、義とは正義の心、礼とは礼儀・礼節、智とは叡智・工夫、心とは信用・信頼、忠とは偽りのない心、孝とは父母を大事にすること、悌とは年長者に従順なことを言う。
 この本を読んだ私の感想は月並みですが、人として当たり前のことをすることが重要だということだ。現代では合理主義が蔓延っていますよね。合理主義はつまるところ損得で物事を考えることで、その考え方が徐々に日本人から人情や義理といったことを忘れさせ、ドライで住みづらい世の中を作りつつあるように思う。もちろん合理主義が完全に悪いわけではなくて、特にビジネスで物事をジャッジする際には経済合理性を重視すべき局面は多いと思うが、今の時代だからこそ武士達が大事にしてきた精神である「武士道」を考え直し、モラルを見直すことが必要なのではないかということを思い起こさせてくれる本だと感じた。
 合理性と「武士道」で説かれている徳はバランスが重要なんでしょうね。私はバックオフィスの人間なので、ビジネスにおいてはどちらかというとブレーキ役を担うことが多い。なので、これらの徳の内容はとても納得感がある。特に義。不正なんかもってのほかだし。でも、合理的に判断しないと会社の利益が真っ赤になるのは火を見るより明らかだ。だからバランスが重要だよね。
 この本を読んで、儒教について私はこれまた見識が浅いことに気付いたので、儒教の本も読んでいる。これまた非常に興味深い。また時間を作ってブログで紹介したいと思います。最近読書が楽しい。

20211128_5km TT @月例赤羽マラソン

f:id:Onedayatatime:20211129203220j:plain

絶好の天候に恵まれ、2回目の月例赤羽マラソンに参加してきた。遠くで富士山も顔を覗かせる。ここのところ毎日天候に恵まれ、非常に気分が良いものだ。

f:id:Onedayatatime:20211129220946j:plain前回は10kmの部にエントリーしたが、今回は前日に飲み会があったためコンディショニングに難があり、内臓疲労を懸念して5kmの部にエントリー。

onedayatatime.hatenadiary.com

f:id:Onedayatatime:20211129221221j:plain

気温10℃、風は北から若干吹いているように感じたがそこまで気にならなかった。タイムを狙うにはいいコンディションだったのでTarget timeを予定通り17’30切りに設定。7月の30℃の中で17’47で走っているし、ここ最近の練習内容から目標は達成できると思って9時過ぎにスタートを切った。

f:id:Onedayatatime:20211129221927p:plain

結果は17’17だった。想定よりも速く走れたこと、また3km過ぎに苦しくなってから最後粘ってBuild-upできたことは収穫だった。レース展開としては2km過ぎまで集団を引っ張り、そこからゴール手前400mまでは同じチームのランナーに引っ張ってもらった。引っ張ってくれて感謝。仮に一人でペースを作っていたとしたら17’25はかかっていたと思う。

f:id:Onedayatatime:20211129222515p:plain

タイムとしては良かったもののまだまだ課題はある。特に心拍数が175bpm (最大心拍数の95%)までしか上がり切らなかったことから追い込みきれていないと思われる。原因は分からないが、予想ではやはり前日のコンディショニングミスと思われ。。3km過ぎに苦しくなったタイミングは腹部の差し込みから呼吸が苦しくなってしまった。きっとアルコールのせいでしょう。ここは次回の伸びしろだと思う。

今後のレース予定は下記の通り。12/19のOTTで16分台を出せるか。残り半月怪我のないように着実にトレーニングを積んでいきたい。

12/12 検見川クロスカントリー

12/19 OTT(オトナのタイムトライアル)

20211123_3*2,000+1,000+3*200

週末から1日仕事をして今度は国民の休日、勤労感謝の日。僕にとっては大変好ましいことなのだけれど、この国に住むとつくづく休日が多いことに気付かされる。働けることに感謝の意を表しつつ、Run仲間と2,000*3+1,000+200*3のIntervalとStrides trainingに勤しんできた。

1.練習の狙い

当初の予定では先日参加したPacer track clubが主催している皇居20k走に参加してこようと考えていたが、僕が申し込みをした時にはすでに定員オーバーとなっていた。無計画さが露呈。。。

onedayatatime.hatenadiary.com

たまたまRun仲間がトラックでIntervalをするということだったので、便乗させてもらうことにした。3日前にも1,000*5を実施していたため、体への負荷がtoo muchな感じは否めなかったが、せっかくの休日ということで体と相談してトレーニングを行った。Run仲間のペースに合わせる形となったので、VO2maxの向上が図れるぎりぎりのラインである(Danielsでは95%だが)最大心拍数の90%以上(167bpm)を維持することを意識して走った。また、200mはリラックスしたフォームで速筋に刺激を入れることでスピードの強化を図った。

2.結果

f:id:Onedayatatime:20211123175804p:plain

f:id:Onedayatatime:20211123175807p:plain

2,000m1本目7'29 rest2'19

2,000m2本目7'06 rest2'36

2,000m3本目7'10 rest1'19

1,000m3'26

2,000m2本目序盤から167bpmに達したことから、そこまで多くの時間心肺に負荷をかけることができなかったため、1,000mを追加することでその不足分を補う形となった。まずまず走れたと思う。ただ、2,000mのintervalは今の僕の走力ではまだ高い心拍数を維持して走ることが難しいかなという印象も持った。

f:id:Onedayatatime:20211123180815p:plain

200*3は日差しが出て暖かくなってきたこともあり、体がよく動き、いいテンポで走ることができた。

f:id:Onedayatatime:20211123181211j:plain

ただ、2,000m3本目の途中ぐらいから左足裏外側に違和感があり、走り終わった後に靴を脱いでみると、履いていた靴下に見事に穴が開いていた。そのため水ぶくれができてしまった。思いのほか大きい水膨れのため、安全ピンで穴を開けて水を抜き、消毒液注入。明日以降すぐにjogを再開できるか微妙。

3.今後に向けて

今週末に赤羽月例マラソンがあるので、そこで現状の力を確かめてみたい。前日に野暮用で飲酒をするため、今回は体に負担が少ない5kmにエントリー予定。

20211120_1,000m*5+200m*3

12/19開催のOTT5,000mに向けてRとIペースをメインとした練習を始めた。今日はIペースで1,000mを5本にtryした。1ヶ月強振りの1,000mインターバルだ。

1.練習の狙い

1)最大心拍数の95%以上を保つ時間を長くし、5,000mに必要とされるVO2maxの強化をすること。

2)5,000m16分台(3'24/km)のスピード感を養うこと。

3)HRM-Proを装着して初めて走る1,000mインターバルだったので、トレーニング中の心拍数の推移を把握すること。

↓先日の記事

2.結果

f:id:Onedayatatime:20211120164752p:plain

f:id:Onedayatatime:20211120164832p:plain

コンディションとしては少し風があったが、気温が20℃弱で体が良く動いたため、充実したトレーニングとなった。最大心拍数を正確に測定したことはないが、巷でよく言われる”220-年齢”を最大心拍数とすると、36歳の僕は184bpmが最大心拍数となる。Daniel氏の理論において、VO2maxを向上させていくためには最大心拍数の95%以上、すなわち175bpm〜184bpmに心拍数を収めている時間を長くすることが重要である。上の表とグラフを見ると、2本目の後半から175bpmを超え、適度にVO2maxに刺激が入っているため、トレーニングとしては効果があったと思う。また、これまでの1,000m*5のインターバルでは70" restとしていたが、今回は気持ち長めにrestを取り、疾走区間でしっかり5,000m16分台ペースを維持することに重きをおいた。

前述した通り、体が良く動いたため、インターバルを終えて4分ほど休んでから200mを3本走ってみた。結果は34"⇒36"⇒35"だった。リラックスしたフォームで3'00/kmぐらいで走れるぐらいまでスピードが出せるようになったことが分かった。

3.今後に向けて

今回のrest時間でも疾走区間は呼吸がきつく感じたが、workoutを終えた後にいつものように膝に手をつくほどの疲労感ではなかったので、毎週取り組んでもいいかなと思えるレベル感だった。もう若くもないので、昔のようにトレーニングを点で見るのではなく線で見れるようにしていきたい。しばらくはRペースで速い動きを体に覚えさせると同時に、毎週1,000m*5に取り組み、VO2maxを鍛えていきたい。

20211117_R workout 8*400 (76”) with 400 jog (2’30)

2021年も残すところあと1ヶ月強。12月終わりにトラックで5000mを走って、今の実力がどんなものか把握したい欲に駆られている。エントリーはまだしていないが、近々する予定。5000mに向けてざっくり練習計画を立ててみた。先日の記事で簡単に触れたDaniels' running formulaを参考に今日はRペースで400*8 (3'10/km) with 400 jog (rest=2'30)の練習を行ってきた。

1.練習の狙い

詳細は時間がある時に別途紹介するが、Rペースでの効果は速筋の強化とRunning economyの向上である。先週jogの最後に3'20で走る機会があったが、思っていたより体を動かすことができなかった。それはここのところ練習で速い動きを取り入れていなかったことに起因していると考えたため、現状把握も含めてRペースでの練習をすることに至った。

2.結果

f:id:Onedayatatime:20211117213637p:plain

f:id:Onedayatatime:20211117214830p:plain

概ね設定通りに走れたが、まだまだいろいろ試行錯誤をしている故、いくつか課題が残る結果となった。

1)気温が低かったせいか最初の2本でハムが攣りそうになった。これからますます気温が低くなるため、夜間でのスピードを上げた練習はリスクが高いような気がする。なお、3本目以降は体が温まり、問題なく脚は動いた。
2)道路でスピードを上げた練習をする場合、路面がコンクリート故、足への負担がかなりあることを再認識した。この類の練習をする場合はクッション性のある靴で臨むことが望ましい。ちなみに今日はAdizero Japan3を履いたが、このぐらいのクッションは最低限ほしい。

3)現状の僕の走力からRペースは3’10(400m=76")と算出。実際に走ってみて感じたのは動きに余裕が想定よりなかった。速い動きを獲得するために継続してRペースでの練習をしていく必要があると感じた。
4)1でも記載したが、これからより寒くなるので、平日のスピード練習は要検討。土手でライトを付けてLT走あたりがBetterか??

3.今後に向けて

今日の練習で現状を把握することができたので、継続してRペースでの練習を続けていこう。次は週末にIntervalをしたい。理想としてはレースに向けてRペースとIペースの練習を毎週行いたい。1ヶ月でどこまでタイムを伸ばせるか楽しみである。どこかで練習を妥協しないような工夫も必要ですね。

20211113_激坂最速王決定戦2021出走@小田原

f:id:Onedayatatime:20211116183114j:plain

先日、激坂最速王決定戦2021登りの部にRun仲間と出走してきた。この大会をご存じない方に簡単にどういった大会なのか説明すると、13.5kmかけて約1,000mもの標高を走り切るという普通の人、というか普通のランナーでもとてもじゃないけど参加しないような大会である。ちなみに僕がエントリーした登りの部に加え、ピストンの部というのも存在し、そちらは13.5km登ってきたコースを自力で下るというさらに常軌を逸した合計27kmのコースとなります。

f:id:Onedayatatime:20211116183102j:plain

埼玉に住む僕は上野東京ラインで小田原までえっちらおっちら向かい、小田原駅にて箱根登山鉄道で一駅の箱根板橋駅で下車。スタート地点からほど近い大会会場である早川小学校まで徒歩で向かった。駅からは10分弱。当日は天候に恵まれランニング日和だった。

f:id:Onedayatatime:20211116183107j:plain

本大会は急勾配の登りを走り切ることから、仮想箱根駅伝5区山登りとして各箱根駅伝出場校からも捉えられているようで、各校の首脳陣や選手を間近で観察することができた。個人的に興奮したのは現在創価大学駅伝部でコーチをされている久保田満さんを拝見できたことだ。当時の東洋大学は川嶋伸二監督により、弱りかけた同行陸上部が箱根駅伝でシード権に返り咲いた時期で、久保田さんはその中でもエース格の選手だった。高校時代、ちょっとした繋がりで東洋大学川越キャンパスにお邪魔をし、長距離ブロックの練習に参加したのと東洋大学の寮にて川嶋監督の訓示をいただいたことは今でもいい思い出になっていて、当時の東洋大学の選手にはお会いしたこともないのに今でも勝手に憧れを抱いている。久保田さん以外にも三行さんとか永富さんとか。

話が逸れたが、箱根駅伝に出場する各校の間には緊張が流れる中、我々はのんびりアップをし、スタートについた。11:30に招待選手達が先に坂を駆け上がって行ったが、遠すぎて誰が誰だかさっぱり分からなかったが、とてつもないスピードで坂を登って行ったことだけは分かった。ちなみに優勝は三代目山の神・神野大地選手でした。タイムは51’02。動画はこちら。尋常じゃないスピードで登ってますね。本大会はウェーブスタートが採用されているため、僕のスタートは11:40だった。走った感想は想像していたよりも辛い。平均勾配7%は今の僕にはかなり応えた。単純に走力不足だ。ただ、70分切りをざっくりとした目標としていたのだが、そちらは達成できたので、個人的にはよく頑張れた方だと思う。

f:id:Onedayatatime:20211116183117j:plain

ちなみに写真の通りコース上から相模湾を一望できる絶景スポットが何ヶ所かあるので、景色を楽しみに出走するのもありかもしれない。僕は走っている間ほとんど地面を見ていたけど。

f:id:Onedayatatime:20211116183104j:plain

ゴール地点からは富士山もしっかり拝むことができた。綺麗。

今大会を振り返って強く感じたことは以下の2つ。

ひとつめは箱根駅伝5区に出走するランナーへの敬意だ。5区の勾配は今大会の勾配ほどではないとのことだが、本来であれば車やバイク等の動力の付いた乗り物で走る道路でであるため、人力で登ることを想定していないという至極当然のことに気付いた。特にカーブでは乗用車が曲がりやすいようにバンクがセットされているが、人力となると非常に走りづらい。左右バランスを失った状態で坂を登る必要があるため、必要以上に筋力が必要だと感じた。加えて、当然ながら坂を登っていくと気温は下がり、風も出てくる。麓では暖かかったが、ゴール地点では日が出ていても体感気温はかなり低く感じた。山を想定通りに登れた選手はフィジカル的に体は動かせているだろうから、そこまで体温が下がったりする心配はないだろうが、一方で想定していたタイムより大幅に遅れをとった選手は山の厳しさを味わうことになるだろう。心拍数を上げきれない選手はことのほか体感気温を低く感じてしまうだろう。ましてや箱根駅伝という大舞台でメンタル的にもかなりのプレッシャーが選手にかかっている。5区における低体温症での途中棄権を時々テレビ越しに観ることがあるが、無理もない話だなと実際に山を登ってみて感じた。

f:id:Onedayatatime:20211116183110j:plain

ふたつめは大会運営への要望だ。全体的にorganizedな大会ではあったが一点、預け荷物については改善の余地ありだ。登りの部の参加者はスタート前に自身の荷物を麓で預け、ゴール地点がある山の上に搬送してもらうことになるわけだが、ゴール後、自分の荷物が出てくるのに大変な時間がかかる。前述の通り、山の上の気温は低く、風も出ているので、正直凍える。大会当日に雨が降っていたなら、、、想像したくない。原因は麓の荷物預りにあると思う。ゼッケンNo.ごとに荷物を預かり、ゼッケンNo.ごとにグルーピングされた山頂行きの台車に載せていたわけだが、本来載るべき台車とは違う台車に載っている荷物をゴール後散見したからだ。それでは手際よく山頂で荷物を出すことはできない。ゴール後、荷物を待っている時に近くにいたランナーと軽く話したが、去年も同様に預けた荷物の返却が非常に遅かったということだ。正しく荷物を預かる、山頂の預け荷物を渡すスペースもゼッケンNo.ごとにする(選手が休む場所が広すぎなので拡張できるはず)等の対策を取り、来年は改善されることを望む。僕は参加するか分からないけど。

とまあ、最後は苦言を呈したが、総じてユニークで小旅行気分も味わえる大会なので走力を山道で試したいドMな方にはおすすめの大会である。近くには小田原で有名な鈴廣かまぼこ漁港もあるので、走った後もenjoyできると思います。

<追記>

大会後、治療として針を打ちに行ったが、筋肉のハリが尋常じゃないとのこと。やっぱり来年は出走見送ろうかな。。。