One day at a time

毎日を、着実に。

函館出張ラン1日目

出張で函館を訪れた。

f:id:Onedayatatime:20220625145930j:image

金曜日には仕事が終わったので、土日に後泊をして函館の街を走り回り、函館グルメも堪能することにした。函館を訪れるのは2009年振りで、その時は青春18切符を使って鈍行列車で埼玉から北海道まで旅行した。その時は電車の乗り換えのタイミングもあり、函館滞在が3~40分という短さだったので、実質今回が初めての函館訪問とも言える。まずは足慣らしに宿泊する函館市街地から3~4kmほど離れた五稜郭公園へjogに出掛けた。

f:id:Onedayatatime:20220625145948j:image

この日は朝から雨が降り続き、夕方には小雨に変わったが、津軽海峡側から強い風が吹いていた。強風に煽られながら、五稜郭公園に向けて北上した。

f:id:Onedayatatime:20220625150016j:image

函館には路面電車が走っており、市民の足として活躍している。路面電車に乗ってしまえば、函館の主要な観光地に行くことができる。ほどなくすると五稜郭公園に到着した。あっという間である。

f:id:Onedayatatime:20220625150101j:image

五稜郭公園の周りは一周1,815mの舗装路となっており、ジョギングをするのに最適なスポットとなっている。ペース走ぐらいならできそう。僕が走ったのが平日の夕方ということもあり、犬を散歩する地元の方達がチラホラいただけだったが、天気の良い週末はランナーの姿を見ることができるだろう。

f:id:Onedayatatime:20220625150147j:image

舗装路のさらに外側には簡易的なクロカンコースも作られていた。木の根っこが所々出てはいたが、土や芝の上を走れるコースがあるのはランナーとしてありがたい。

f:id:Onedayatatime:20220625150235j:image
f:id:Onedayatatime:20220625150242j:image
f:id:Onedayatatime:20220625150245j:image
f:id:Onedayatatime:20220625150239j:image

堀を渡って、五稜郭の堀の内側も走ることができたが、通路は広くないので観光客が多い時は走ることを避けた方が無難。

f:id:Onedayatatime:20220625150313j:image

五稜郭公園の堀の外と内を1周ずつして市街地へ戻る道すがら、千代台陸上競技場の外周も1周走った。こちらは1周1,030mだったが、カーブがところどころキツい。地元の学生達が練習に勤しんでいた。頑張れ若人達!

f:id:Onedayatatime:20220625150602j:image

ホテルの周りで時間調節をして60分jog。最近、少し左足のシンスプリントと右足の甲に違和感があるので、今週末はjogで繋ぐこととしたい。

夜はかにいくら丼と気になっていたビアバーへ。

f:id:Onedayatatime:20220625150637j:image
f:id:Onedayatatime:20220625150641j:image

ビアバーは残念ながら休業中だったため、たまたま近くで発見したozigiさんでビールを堪能。

tabiiro.jp

運よくビールの製造場も見せてもらい、社長にビール製造についていろいろと話を伺うことができた。思っていたよりも小さな設備で作っていたが、それでも質の高いビールを醸造しているし、改めて発酵を通じて作られるビールは生き物だと感じた。その後、たまたま居合わせた高円寺から毎週のように函館に出張に来ているお兄さんにグルメのことを中心に函館の情報をたくさん教えてもらった。近い将来函館を訪れる予定はないので、残りの日程で函館を堪能したい。