One day at a time

毎日を、着実に。

6月の練習

 海外赴任を終え、5月末に日本に帰ってきた。久しぶりの日本は街も空気も綺麗で静か、気候も良く、毎日よく眠れる、食べ物が美味しい、と母国の素晴らしさを感じた。一方で、日本の生活の中で違和感も感じている。これは一度海外で生活していたから感じるものだろう。これらの話はもう少し生活が落ち着いたら改めてBlogで書いてみようと思う。

 さて、6月は新生活の始まりということで公私とも忙しい日々を送っていたのだが、2週間の待機期間と家探しでほぼ終わってしまった。まだ新居には入居できていないので妻の実家暮らし。気を使う生活をしている。仕事も引き継ぎを終え、徐々に様々な業務に就き始めているが、コロナウィルスの影響で出勤は週1日。通勤時間もないので時間的に余裕がある毎日だ。時間がある中で冒頭にも触れたが気候がいいので、自然とランニングシューズを履いて外を走ることが多くなった。新生活のストレス発散にもなるしね。

 

f:id:Onedayatatime:20210627211253j:image

f:id:Onedayatatime:20210627211658j:image

 ベトナムでは月間100kmを目標にほぼJogのみの練習を積んできたわけだが、日本帰国後の6月もまずは土台作りということでJogと流しを中心に練習を組み立てた。本日6/27時点で238kmの距離を踏め、まずまずの練習量を確保できたのではないかと思う。練習内容としてもLong jog(20km)やInterval系のトレーニングも織り込め、秋のレースシーズンに向けていいスタートが切れたと思う。いきなり走行距離を伸ばしたことによる怪我のリスクも、練習強度にメリハリをつけることで低減できていると感じている。

 と、ここまで書いていてまだ明確な目標を立てていなかった。秋か冬のレースでタイムを狙っていこうか。目標設定はまた次回。